BLOG

最大限の対策を行なっております。ご確認ください。

食の會日本橋 新型コロナウイルス感染症対策について

東京都の「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン 第一版」および飲食店区分のガイドラインとされている、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)外食業の事業継続のためのガイドライン」に則って、最大限感染症対策を行っております。お客様にもご理解とご協力の程お願い申し上げます。

店内防止対策

✔︎卓上のアクリルボード仕切り(50cm)

✔︎全て個別皿でご提供しています。

✔︎入り口にアルコール消毒の実施

✔︎厨房部と客席のビニールシート仕切り

✔︎天井、床、壁のDEOCOAKIN 抗ウイルス・抗菌 施工済

✔︎営業前終業後の次亜塩素酸水の噴霧とこまめな換気

✔︎テーブル、椅子等のこまめなアルコール消毒

【対応方針】
緊急事態宣言および東京都の休業要請(ステップ0)があった場合は、臨時休業とします。国や地元自治体から適宜発表される最新情報(方針や助言)に留意し、ステップ1以降緩和措置が取られた場合は、以下のマニュアルに従い、最大限の防止策を取りながら、営業もしくは時短営業するものとします。

【感染防止の重要事項】(事業者向け東京都感染拡大防止ガイドラインp20- 参照抜粋)
従来の食品衛生法の一般衛生管理の遵守に加えて、社会的距離確保への留意、及び物理的接触削減のための創意工夫を行います。具体的には主に4つ、これを遵守いたします。
✓ 食品の安全と衛生管理
✓ 店舗・施設等の清掃と消毒
✓ 従業員の健康チェックと個人の健康・衛生管理の徹底 
✓ 社会的距離の設定と確保への工夫 

【入店時から退店時までのお客様の導線および対策】(一般社団法人 日本フードサービス協会 一般社団法人 全国生活衛生同業組合中央会  新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)外食業の事業継続のためのガイドライン 参考)
●昼夜共通
・店舗入口で発熱や咳など異常が認められる場合は店内飲食をお断りさせていただく場合がございます。

・店舗入口には手指消毒用に消毒液(消毒用アルコール)を用意し、入店の際は必ずアルコール消毒をお願いいたします。
・店内で食事中以外はマスクの着用をお願いいたします。
・厨房部分にビニールシートの仕切りを作り、飛沫感染・接触感染を防止します。

・各テーブルには、アクリルボードの仕切りを置き飛沫を防ぎます。

・店内が混み合う場合は入店を制限場合がございます。
・食器類は、個別皿を使用し、共有はいたしません。

・カウンターは2名もしくは1組の利用のみに制限させて」いただきます。
・店内は常に窓をあけ、換気扇をまわして換気を行います。

・お会計時には、スタッフが現金およびカードをお席まで交換に行き、レジ周りに並ばないようにする。トレーから直接とっていただきます。

●昼・混雑し3密の状態にないよう、店内のテーブルは1つおき(2M間隔)にご案内し、1つおきの状態で埋まった場合には入店をお断りする。収容人数、組数は、最小単位2人組、最大単位4人組で5組まで。人数は10人までとさせていただきます。

●夜・一日2組までの予約とし、できる限り席をはなしてご着席をお願いしております。

【掃除・除菌に関して】
・営業前と営業後は店内に次亜塩素酸水の噴霧を行います。

・お客様が入れ替わった際には、テーブル・椅子、アクリル板、紙ナフキン入れ等卓上のものはアルコール消毒を行います。

・毎日営業後、床にアルコールスプレーを噴射し、拭き掃除を行います。

・トイレ、共同部分(自動ドアボタンなど)は、2時間置きにスタッフがアルコール消毒を行い、チェックリストに記入します。

【スタッフの感染防止対応について】 (農林水産省・食品産業事業者の従業員に新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン参考)
・スタッフは業務日に自宅にて体温を測り、基準値を満たさない場合出勤するものとし、店舗に到着後再度検温を行います。基準を超えるものは業務を行いません。
・食品を扱う者の健康管理と衛生管理を徹底する。 体調が優れない場合は、自宅待機といたします。
・感染したスタッフ、濃厚接触者と判断されたスタッフの就業は禁止いたします。
・店内ではマスクとフェイスガードを適切に着用し、頻繁かつ適切な手洗い、こまめなアルコール消毒を徹底します。

お一人様分ずつご提供しております。